共通カリキュラム

共通カリキュラム

工学教育への挑戦は続く

問題の解析から問題の解決へ

高度にソフト化、システム化が進行する現代社会において、知識の伝達を中心とした従来型の産業基盤は過去のものとなり、設計、開発、研究に加えて、企画、教育、行政、プロデュース、コンサルティング等、工学部を卒業する学生の活躍の場は広がっています。同時に、基礎工学に関する解析的能力に加え、論理的、システム的な思考力、統合力、リーダーシップ、コーディネーションといった能力が期待されています。

このような新しい社会状況に柔軟に対応できる人材とは「社会は何を必要としているのか」「そのために何を作るのか」「どのようにデザインし機能させるのか」という高い視点で考察、提案のできる人材です。

システム創生学科は、「問題」の設定と「解決」ができる人材の養成を行っています。

Know-What から Know-How へ

知識の多様化と知識量の爆発もまた現代社会の特徴です。情報通信技術やユビキタスコンピューティング環境の進展する社会では、知識は必要に応じて手に入れることができ、また、知識の陳腐化も加速しています。

システム創成学科は、トップダウン的な専門知識の伝授というスタイルの教育を止め、学生が将来出合うであろう複雑で不明確な諸課題に対して「どのように対応するか」ということに力点を置いた教育を志しています。そのために、知識や事実、法則、原理などのKnow-Whatに加え、それらの知識を使う方法、活かす方法、つまり「知」としてのKnow-Howを積極的に習得することを目標とします。

工学教育の新ユニット

重層的で幅広い学習体験と実践重視教育

汎工学
技術と社会、環境とエネルギー、経済や安全といった、工学とその境界領域における技術、人間社会の課題を、学科(3コース)共通 の汎工学講義として設定し、「新しい工学」の基本理念を習得します。
基礎工学
「プラクティス」を重視し、演習や応用的な課題、マルチメディアの応用を通じて工学手法のKnow-Howを習得します。
領域工学
各コースの専門性に応じた講義を行うとともに、プロジェクトおよび卒業研究に必要な専門知識を深め、総合的な技術力、実践力、研究力を習得します。
プロジェクト演習
グループ単位で行う研究の発表や討論を通して、実践的な応用力、課題探求力を習得します。システム創成学科のカリキュラムの中心であり、全学期に設定されています。
海外研修・海外インターンシップ
学外の活動に参加する機会を通して、社会や産業、研究現場への関心を深め、あるいは国際感覚を養い、体験的に実践方法を習得します。
東京大学

システム創成学科事務室

113-8656 東京都 文京区本郷7-3-1 工学部3号館2階225
tel
03-5841-6962
fax
03-5841-0652
info@si.t.u-tokyo.ac.jp