教員紹介

阿部 弘亨(あべ ひろあき)

阿部 弘亨
職名
教授
所属
工学系研究科 原子力専攻
生年
1966
出身県
大分
E-mail
abe.hiroaki_(at)_n.t.u-tokyo.ac.jp
HP

材料開発から目指す究極の原子力安全

地球規模の課題や原子炉事故を受けて、原子力安全を支える材料の重要性は高まっています。私たちは、将来のエネルギー源として期待される核融合炉や新型原子炉(第IV世代炉)の開発、および現行原子炉の安全性向上に資する材料研究を進めています。原子炉という極限環境における鉄鋼材料やZr合金の劣化(照射、腐食、水素化、等)のメカニズムを、微細組織分析と機械強度測定から解明しています。

石川 顕一(いしかわ けんいち)

石川 顕一
職名
教授
所属
工学系研究科原子力国際専攻、光量子科学研究センター
生年
1969
出身県
大阪府
E-mail
ishiken_(at)_n.t.u-tokyo.ac.jp
HP

複雑量子系のシステムダイナミクス

複雑量子系のシステムダイナミクス

システムとは、相互作用することで一体性や全体性を生み出している要素の集まりで、複数の原子核と電子が強く相互作用しながら協創し機能を生み出す原子や分子はその典型です。強い外乱を受けたシステムからは新しい現象が創発します。私たちは、そのような、原子・分子のシステムダイナミクスを、経験的なパラメーターに頼ることなく第一原理的にシミュレーションする、世界最先端の研究を進めています。

和泉 潔(いずみ きよし)

和泉 潔
職名
教授
所属
工学系研究科システム創成学専攻
生年
1970
出身県
神奈川県
E-mail
izumi-sec_(at)_ni.mints.ne.jp
HP

金融・経済のデータ解析とシミュレーション

金融・経済のデータ解析とシミュレーション

今の世の中には様々な行動データがあふれています。これらのデータをうまく活用して、現実の社会経済の問題を解決する新しい手法を創ることを目指します。研究テーマは、金融市場分析と人工市場シミュレーション, 金融データマイニング,ソーシャルメディア分析と移動シミュレーション,POSデータ分析と購買シミュレーション等の社会経済シミュレーション&データマイニングです。

糸井 達哉(いとい たつや)

糸井 達哉
職名
准教授
所属
工学系研究科原子力国際専攻
生年
1976
出身県
神奈川県
E-mail
itoi_(at)_n.t.u-tokyo.ac.jp
HP

自然災害に対して強い社会の実現に向けて

地震に代表される自然災害リスクのモデリングや確率論的リスク評価、リスク情報に基づいた人工物システムの安全確保、特に地震リスク評価に関する研究課題に取り組んでいます。自然災害の予測では、自然災害固有のランダム性だけではなく、少ない統計データや未解明なメカニズム、専門家間の意見相違が避けられません。それらを踏まえて社会が適切に意思決定し,備えるにはどうすればよいのかを日々模索しています。

大澤 幸生(おおさわ ゆきお)

大澤 幸生
職名
教授
所属
工学系研究科システム創成学専攻
生年
1968
出身県
京都府
E-mail
ohsawa_(at)_sys.t.u-tokyo.ac.jp
HP

データの市場からチャンスを創る

データの市場からチャンスを創る

様々なデータが溢れている… しかし、誰かがビッグデータをドンと用意しているわけではなく、殆どは中途半端なデータがあちこちに見え隠れしているのが現代社会です。様々なデータ、ニュース、自分の知識や経験の新たな関係性を見出し、結合して意思決定に役立てる。そして製品、サービス、街などを創る戦略を生み出してゆく。このような思考と会話のプロセスについての研究を通じて、システム創りのできる「人」を育てています。

大橋 弘忠(おおはし ひろただ)

大橋 弘忠
職名
教授
所属
工学系研究科システム創成学専攻
生年
1952
出身県
岐阜県
E-mail
ohashi_(at)_sys.t.u-tokyo.ac.jp
HP

システムの柔軟性はどこからくるか

人工システムや社会システムは、環境の変化や人びとのニーズに合わせて進化をします。条件の変動に応じて適応的に機能を果たします。このような進化や適応は、何を目標とし、どういった機構で起こるのでしょうか。キーワードは柔軟性です。柔軟性をもつことにより変化に適応し機能を果たします。このような複雑適応システムを対象として、コンピュータモデルによりダイナミックスの解明と考察を進めています。

沖田 泰良(おきた たいら)

沖田 泰良
職名
准教授
所属
人工物工学研究センター
生年
1974
出身県
広島県
E-mail
okita_(at)_race.u-tokyo.ac.jp
HP

非破壊検査と分子シミュレーションの融合

巨大人工物システムがパフォーマンスを最大限発揮するためには、構造材料が安全基準を満たすかどうかを適正に判断することが鍵となります。我々のグループでは、超音波等を用いて材質劣化を検出しうる新しい非破壊検査技術の開発、及び分子シミュレーションを用いて材料中に存在する微細欠陥の挙動予測を行っております。これらを組み合わせることにより、構造材料の特性変化を予測する手法を構築しております。

奥田 洋司(おくだ ひろし)

奥田 洋司
職名
教授
所属
新領域創成科学研究科人間環境学専攻
生年
1962
出身県
福井県
E-mail
okuda_(at)_k.u-tokyo.ac.jp
HP

HPCでタイムマシンを実現する

HPC (High-Performance Computing) は、複雑人工物の設計や、自然界のダイナミックな挙動の予測に不可欠な技術となっています。ハードウェア性能の向上ともに、計算科学の発展は日進月歩でとてもエキサイティングです。今後、社会システムや個人の価値観をもコンピューティングに取り込むことにより、HPCは時空を歪めることなく未来地球を描くことができるタイムマシンが実現できるでしょう。

笠原 直人(かさはら なおと)

笠原 直人
職名
教授
所属
工学系研究科原子力国際専攻
生年
1960
出身県
東京都
E-mail
kasahara_(at)_n.t.u-tokyo.ac.jp
HP

高温構造システムの安全性と信頼性の確保

原子力プラント、火力プラント、化学プラントおよびロケットエンジン等は、熱・流体・構造が関係する複雑な高温構造システムです。当研究室では、複雑なシステムの本質を理解した上で、数値シミュレーションと実験を通して、安全性と信頼性に優れた高温構造システムを実現するための研究を行います。研究機関やメーカと共同研究を行っており、学生はこうした研究への参加を通して、社会連携についても学ぶことが出来ます。

河口 洋一郎(かわぐち よういちろう)

河口 洋一郎
職名
教授
所属
情報学環
生年
1952
出身県
鹿児島県 種子島
E-mail
yoichiro_(at)_iii.u-tokyo.ac.jp
HP

進化するCG映像の魅力

進化するCG映像の魅力

河口研究室では、生命・自然現象から得た着想をもとに、それらの情報をデザインする事により、生命的ロボットの造形、臨場感溢れるVR 空間の造形、艶かしいCGの造形を柱として研究を行っています。特に、数理モデルを用いた生物の紋様の自己組織化や構造色の再現、進化のシミュレーション、柔らかな身体を持つロボット、生き物のように自己組織的に反応するCG等、情報を生命から捉え直すための研究を横断的に行っています。

菅野 太郎(かんの たろう)

菅野 太郎
職名
准教授
所属
工学系研究科システム創成学専攻
生年
1973
出身県
山口県
E-mail
kanno_(at)_sys.t.u-tokyo.ac.jp
HP

人間中心のシステムデザイン&マネジメント

欲しがるのも、創るのも、使うのも、満足するのもみな人間です。人や社会を抜きに工学を語るのはナンセンスです。人間の思考や行動、集団特性、社会の挙動、の深い理解を目指しながら、人工物、ソフトウェア、社会制度などのあらゆる工学装置を適切にデザイン・マネジメントする方法を探っています。対象・手法に固執せず、人間中心のシステム観の基、フィールドワーク、認知実験、シミュレーションなど様々な方法を駆使します。

工藤 久明(くどう ひさあき)

工藤 久明
職名
准教授
所属
工学系研究科原子力専攻
生年
1964
出身県
愛知県
E-mail
hkudo_(at)_nuclear.jp
HP
-

高分子材料の放射線照射効果の解明と利用

高分子材料の放射線照射効果を研究しています。高分子材料は、付加価値を与えるために積極的に放射線照射されることがある一方、放射線環境で使用されると劣化します。実用面だけでなく、基礎的にも放射線効果の理解は重要です。物質が放射線に照射されると、どの物性がどのくらい変わるかは、放射線の種類、エネルギー、環境要因等に大きく依存します。種々の放射線を照射し、様々な特性変化から、放射線効果を解析しています。

越塚 誠一(こしづか せいいち)

越塚 誠一
職名
教授
所属
工学系研究科システム創成学専攻
生年
1962
出身県
東京都
E-mail
koshizuka_(at)_sys.t.u-tokyo.ac.jp
HP

人の役に立つシミュレーション

流体や固体の大変形を精度良く計算できるシミュレーション技術として、独自に開発した粒子法の研究を行っています。粒子法の応用として、災害シミュレーションやものづくりのためのシミュレーションの技術開発により、人の役に立つことを目指しています。最新のコンピュータグラフィックスを用いたシミュレーション結果の可視化もしています。企業との共同研究やベンチャー会社による商用化を積極的に行っています。

近藤 雅裕(こんどう まさひろ)

近藤 雅裕
職名
講師
所属
原子力専攻
生年
1982
出身県
東京都
E-mail
kondo_(at)_tokai.t.u-tokyo.ac.jp
HP
-

シビアアクシデント解明に向けた最先端シミュレーション技術開発

福島第一原子力発電所では炉心溶融が生じたと考えられていますが、溶融物がどのように流れ落ちたかについてはよくわかっていません。私たちは、原子力発電所のシビアアクシデント時に原子炉でおこる複雑な熱流動現象をシミュレーションにより解明しようとしています。粒子法という先端的なシミュレーション手法を使って、様々な物質が反応したり、混ざり合ったり、溶けたり、固まったりする現象をシミュレーションする技術を開発しています。溶融凝固を伴う熱流動解析などを行ない、シビアアクシデント時の現象を予測・解明することを目指しています。

酒井 幹夫(さかい みきお)

酒井 幹夫
職名
准教授
所属
レジリエンス工学研究センター
生年
1973
出身県
静岡県
E-mail
mikio_sakai_(at)_n.t.u-tokyo.ac.jp
HP

オンリーワン技術で産業の課題を解決する!

粉体の数値シミュレーションに関する研究を行っています。粉体は身近なものであり、製薬、化粧品、電池など、その応用事例を数え上げたら枚挙に暇がありません。産業応用を目的とした粉体が係わる新しい物理モデルを開発しています。さらに、シミュレーション結果のリアルな可視化も追求しています。産学連携に熱心に取り組んでおり、産業の課題解決に挑戦しています。自ら開発した技術が産業に還元されていくのを実感できます。

柴田 和也(しばた かずや)

柴田 和也
職名
准教授
所属
工学系研究科システム創成学専攻
生年
1978
出身県
香川県
E-mail
shibata.kazuya_(at)_sys.t.u-tokyo.ac.jp
HP

物理シミュレーションを活用したシステムの創成

物理シミュレーションを活用したシステムの創成

我々の身の回りには、詳細が解明されていない現象が多くあります。それらの現象を物理シミュレーションを用いて解明し、新しいシステムの構築およびデザインの最適化を行う研究を行っています。これまでに、津波の遡上、船体周りの流れ、船体運動などを汎用的にまた効率的にシミュレーションする技術を開発しました。数値計算を活用してより安全で豊かな社会の実現に貢献する研究を行います。

関村 直人(せきむら なおと)

関村 直人
職名
教授
所属
工学系研究科原子力国際専攻、国際工学教育推進機構
生年
1958
出身県
岐阜県
E-mail
sekimura_(at)_n.t.u-tokyo.ac.jp
HP

巨大システムの安全・保全の科学と工学

複雑系システムを安全に運用するための基礎学理と技術に関する研究と教育を行っています。システムの安全性問題や長期間利用に伴う保全最適化研究を進め、材料構造信頼性理論とシミュレーション、確率論的リスク評価、専門知のリスク評価への活用、リスク情報に基づく安全規制とコミュニケーションなどの研究課題にも取り組んでいます。事故・故障とシステムマネジメント策に関する国際共同プロジェクトも推進しています。

高橋 浩之(たかはし ひろゆき)

高橋 浩之
職名
教授
所属
工学系研究科原子力国際専攻
生年
1960
出身県
東京都
E-mail
leo_(at)_n.t.u-tokyo.ac.jp
HP

みえないものをみえるようにしよう

センサと信号処理の研究をやっています。センサは測定対象ごとに異なりますので、新しい原理を考える余地が多く、研究の範囲は多くの分野へと広がっています。信号処理も単にセンサとの組み合わせだけでなく、システムの挙動そのものを知り、対応していくうえで大切です。応用分野は最近はPETや内視鏡・術中プローブなど医療関係に広がっていますので、病院との共同研究などが多くなっています。

陳 昱(ちん ゆ)

陳 昱
職名
准教授
所属
新領域創成科学研究科人間環境学専攻
生年
1967
出身県
上海
E-mail
chen_(at)_k.u-tokyo.ac.jp
HP

複雑系のシミュレーションで21世紀を解く

複雑系の科学は、自然、物質、生命、社会、経済といったあらゆる事象を取りこみ展開していく、新たな「知」のパラダイムを創るための21世紀の科学だと言われている。複雑系の解析手段として、離散ミクロモデルを用いたコンピュータシミュレーションはもっとも有効になりつつある。私の研究室は、複雑流体、金融市場及び腫瘍発生という3つの方向で研究を進めています。詳細はホームページへ!

出町 和之(でまち かずゆき)

出町 和之
職名
准教授
所属
工学系研究科原子力国際専攻
生年
1970
出身県
東京都
E-mail
demachi_(at)_nuclear.jp
HP

複雑巨大系システムの検査・診断技術

画像を応用したシステムの異常検知・診断の技術の開発と、医療と工学の融合分野としてして医用画像技術の開発を行っています。①原子力発電所等における監視カメラ動画像時系列データ解析を用いた内部脅威者妨害破壊行為の検知技術、②各種センサ信号の時系列解析による異常発生の予兆段階での検知、③放射線治療装置X線画像解析を用いた腫瘍位置&形状追尾型放射線治療システム

鳥海 不二夫(とりうみ ふじお)

鳥海 不二夫
職名
准教授
所属
工学系研究科システム創成学専攻
生年
1976
出身県
長野県
E-mail
tori_(at)_sys.t.u-tokyo.ac.jp
HP

社会データの分析とシミュレーション

社会データの分析とシミュレーション

高度情報化社会の発達により膨大な社会データを分析することが可能となってきました.これらのデータに対して,機械学習,ゲーム理論,エージェントシミュレーションと言ったデータサイエンス,人工知能の技術を用いて,人間社会が持つ本質的な性質を明らかにし,新しい社会をデザインすることを目的として研究を行っています. 研究対象は,WEB・ソーシャルメディア・金融市場・ソーシャルゲームなど,あらゆる社会データです.

橋本 学(はしもと がく)

橋本 学
職名
講師
所属
新領域創成科学研究科人間環境学専攻
生年
1978
出身県
三重県
E-mail
ghashimoto_(at)_k.u-tokyo.ac.jp
HP

マルチディシプリン問題の解を求める

工業製品の開発・製造から普及効果までを予測するため,物理シミュレーション分野,社会シミュレーション分野,知識情報分野の手法を横断的に取り入れたシミュレーション技術を研究しています.従来の物理シミュレーションでは,変位場,温度場,電磁場などの“場の界面”における相互作用モデリングが重要となります.この考えを発展させ,“異分野のシミュレーション技術の界面”における相互作用モデリングに取り組んでいます.

長谷川 秀一(はせがわ しゅういち)

長谷川 秀一
職名
教授
所属
工学系研究科原子力専攻
生年
1966
出身県
東京都
E-mail
hasegawa_(at)_nuclear.jp
HP

社会・環境に潜んでいる物質の追跡可能性

近年の地球環境問題は、全世界規模での協力なくしては解決は難しく、そのためには科学的なデータの裏付けが必要とされています。また、身近な食の問題ではどこで生産され、どのような経路で我々の手に届くのか、ということがますます重要になっています。これらを解決する一つの手がかりとして原子レベルでの物質の追跡の可能性について研究を進めています。

藤井 秀樹(ふじい ひでき)

藤井 秀樹
職名
講師
所属
工学系研究科システム創成学専攻
生年
1979
出身県
愛知県
E-mail
fujii_(at)_sys.t.u-tokyo.ac.jp
HP

巨大複雑系社会システムを分析し、予測する

巨大複雑系社会システムを分析し、予測する

新たな制度や技術が社会に埋め込まれたときに社会全体はどのように姿を変えるのか、予測するのは困難ですが、工学にとってたいへん重要な課題です。このような課題と向き合うために、都市動態や交通システムをメインターゲットとした社会シミュレーションに関する研究に取り組んでいます。同時に、大規模な問題にチャレンジするため、高性能計算技術の活用にも力を入れています。

古田 一雄(ふるた かずお)

古田 一雄
職名
教授
所属
レジリエンス工学研究センター
生年
1958
出身県
神奈川県
E-mail
furuta_(at)_rerc.t.u-tokyo.ac.jp
HP

社会のレジリエンスを高めるために

リーマンショックや東日本大震災を経験し、想定の範囲を超える環境変化や外部からのショックにも動じない、あるいはダメージから早期に回復できるような社会が求められています。そのような社会を実現するために、人や社会のモデリング・シミュレーション技術についての研究を行っており、重要インフラのレジリエント化などへの応用を試みているところです。そのような分野に挑戦したいと考える、若い力を歓迎します。

山口 彰(やまぐち あきら)

山口 彰
職名
教授
所属
工学系研究科原子力専攻
生年
1957
出身県
島根県
E-mail
yamaguchi_(at)_n.t.u-tokyo.ac.jp
HP

不確かさとリスクを知り、しなやかで豊かな社会を

 工学・技術はどうすれば社会に受け入れられ、私たちの暮らしに役立つのか。今、行うべき研究は、技術・工学をシミュレーションし(現象を知る)、その功罪を明らかにし(リスクを知る)、技術を社会に還元するための判断を行う根拠を確立すること(意思決定する)です。そこに共通する思想は、知識の欠如や未知の現象を扱うための学理(不確かさ)です。東日本大震災で原子力発電所の事故を経験した日本であればこそ。

山田 知典(やまだ とものり)

山田 知典
職名
准教授
所属
人工物工学研究センター
生年
1972
出身県
兵庫県
E-mail
yamada_(at)_race.u-tokyo.ac.jp
HP

人工物システムの丸ごとシミュレーション

人々の生活を豊かにするために構築された人工物システムが、大規模災害や環境負荷といった設計当初には予想しなかった問題を引き起こすことがあります。このような問題をシミュレーションにより予測・克服するための研究開発を行っています。要素技術として先端計算機資源を使いこなすハイパフォーマンスコンピューティング技術、様々な現象を統合するマルチフィジックスシミュレーション技術の研究開発に取り組んでいます。

吉村 忍(よしむら しのぶ)

吉村 忍
職名
教授
所属
工学系研究科システム創成学専攻
生年
1959
出身県
栃木県
E-mail
yoshi_(at)_sys.t.u-tokyo.ac.jp
HP

知的シミュレーションによる人・人工物・環境調和社会デザイン

社会・環境は、人間・人工物・環境が相互に深く関連する複雑システムです。それらが調和した持続可能な社会を実現していくためには、それらの複雑系ダイナミクスの理解とモデリング、それに基づく予測の高精度化が必須です。私たちは、①計算力学、②知的情報処理、③超高速コンピュータ、の三者を総合化した知的シミュレーションに関する研究・開発を通して、社会・環境に関する様々な大規模高精度シミュレーションとシステムデザインに取り組んでいます。

※ E-mailアドレスは_(at)_を@に置き換えてください。