東京大学

Systems Innovation,Faculty of Engineering,The University of Tokyo

Aコース(E&E) 環境・エネルギーシステム

エネルギー源の確保と環境への調和
⼈類が直⾯する最難問に挑む!

Aコース(E&E)環境・エネルギーシステムではどんなことが学べますか?

環境関連の他学科と異なり、個別の専⾨教育よりも先に環境・エネルギー領域の幅広い知識を修得した後で、学⽣が興味を持った専⾨分野に将来進路を選択させる⽅式をとっているのが特徴です。
新しい「知」の創造を重視して、「汎⼯学」、「プラクティス」、「プロジェクト」および「領域⼯学」の4つの特徴を持った新しいタイプの学習体系を構築。カリキュラムの柱である「プロジェクト」。グループ単位で学⽣主体となり演習・ゼミを⾏いながら応⽤⼒をつけます。

環境・エネルギー問題の総合的理解
環境・エネルギー問題の
総合的理解

今世紀、⼯学の最⼤の課題である「環境・エネルギー」は、従来の個別学術の枠を超えて、多くの学術分野が相互に関連する問題です。E&Eコースでは、この問題を技術、社会、政策の巨⼤システムの問題として捉え、⻑期的かつグローバルな視点から総合的に理解し、持続可能な社会を創成することのできる⼈材を育成します。

広い視野の育成(⽂理融合)
広い視野の育成(⽂理融合)

環境・エネルギーを特定の学術分野からの視点ではなく、幅広く俯瞰的に理解することのできる能⼒を育成します。このため理系・⽂系を問わず多様な学⽣を受け⼊れています。

専⾨性の育成
専⾨性の育成

環境・エネルギー問題にかかわる諸課題を分析・評価して解決するための知識と⽅法論を基礎から教育し、これらを⾝につけた⼈材を育成します。

こんな研究も…

シビアアクシデントを
解明する

岡本 孝司教授

福島第一原子力発電所では、燃料が溶け落ちる「シビアアクシデント」が発生しました。溶融凝固、化学反応、物質移行など、非線形性が極めて強い現象で、世界中で研究がなされています。シビアアクシデント研究では世界トップクラスの研究を進めています。
シビアアクシデントの全体をシミュレーションしたり、重要な素過程を実験や計算で評価しています。1200℃で制御棒が溶ける現象を可視化したり、溶け落ちた燃料がコンクリートにめり込むMCCI現象を解析したりといった研究です。図は溶けた燃料が、まだ水の残る下部プレナムに落ちるときの挙動を模擬した実験です。福島第一で何が起きたかを解明しようとしています。

シビアアクシデントを<br>解明する

その他 研究の⼀例はこちら

Aコース(E&E)環境・エネルギーシステム進学選択スペシャルサイトAコース(E&E)環境・エネルギーシステムの教職員・学生・卒業生の生の声が聞ける Facebook公式ページ

学生の声

Aコース(E&E) 環境・エネルギーシステムの在校⽣・卒業⽣にコースを選んだ理由、研究内容をインタビューしました。

考え抜く力と<br>同じ志を持つ人脈

考え抜く力と
同じ志を持つ人脈
Aコース(E&E)環境・エネルギーシステム 和田 良太
私は2005年3月にシステム創成学科を卒業しました。総合商社でエネルギー事業に従事した後に博士課程に進学し、現在は東京大学大学院新領域創成科学研究科海洋技術...
MORE

ここで学んだことを<br>社会に役立てる

ここで学んだことを
社会に役立てる
Aコース(E&E)環境・エネルギーシステム 川村 華
低炭素の新エネルギーの開発といった技術的なアプローチについて学びたくて、Aコースに進学しました。Aコースは、環境問題に対する幅広い知識とともに技術開発の基礎...
MORE

理論だけではない、 <br>社会に近い学問

理論だけではない、
社会に近い学問
Aコース(E&E)環境・エネルギーシステム 西出 真大
環境問題、エネルギー問題といった、人類にとって最も重要と言える課題に挑戦できるという点に魅力を感じてAコースに進学しました。Aコースでは、エネルギー問題や環...
MORE

多様なキャリアがオプションとなる総合的な知見

多様なキャリアがオプションとなる総合的な知見
Aコース(E&E)環境・エネルギーシステム 森 千晶
環境・エネルギー領域は、広範な分野で、アプローチには様々な方法がありますが、システムとして互いに関連しあう領域を広範囲に学びたいと考えていた私にとって、より...
MORE

物事をシステムと<br>捉える思考力

物事をシステムと
捉える思考力
Aコース(E&E)環境・エネルギーシステム 山本 聡一
学部卒業後、広い視野で世の中を見たい、多種多様な業界・政策領域の仕事に挑戦したいとの思いから、経済産業省に入省しました。経済産業省で中小企業政策に携わる中で...
MORE

将来を決めた<br>Aコースの授業

将来を決めた
Aコースの授業
Aコース(E&E)環境・エネルギーシステム 中西 大貴
現在、日本製鉄(株)の技術開発本部(研究開発部門)に所属し、鉄鋼材料の研究開発に従事しています。私がAコースに進学したのは、エネルギー分野、特に、再生可能エ...
MORE

学生の声はこちら

pagetop